<< 会場抽選会@川口リリア | main | 連弾のあわせ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

教材紹介・メトードローズ

 ピアノ教室を開いて10年
様々な教材を使ってレッスンを行ってきました

私なりの教材の紹介をしてみたいと思います

幼稚園生でレッスンをスタートする場合
多くの生徒さんに「メトードローズ」という教材を使用しています

横長で大きく、ちょっとレトロな絵の教材です
上巻は指の練習が多く、音を読みながら一つ一つ
読譜できるよう工夫されています。

バイエルと違うところは、わりと早い時点で1の指がドではなく
ソになるところです
この時点で、1はド、2はレと覚えていた子はつまずきます。
でも、そこで「あぁ、そう覚えちゃいけないんだ〜」と考え
きちんと音を数えて読むようになっていきます

ただ、難点はとにかく大きいんです。
普通のレッスンバックだとぎりぎりの大きさ
曲数も多く、後半は指の練習だけでなく小品が混ざってきます
下巻に入ると小品やテクニック的な要素が増えてきます

posted by: かおり | 教材 | 23:33 | comments(0) | - | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:33 | - | - | - | - |
コメント